ネットショップで粗悪なアレブリヘスの購入を防ぐ3つの方法

人気爆発中のメキシコの民芸品アレブリヘス。想像上の生き物たちを、無数の色と独特のフォルムで具現化した作品たち。
その奇想天外な美しさに誰もが目と心を奪われてしまいます。

そんなアレブリヘスですが、先日思い切ってメキシコのECサイト(メルカド・リブレ)で購入してみました。以下が商品ページに掲載されていた写真です。

他のアレブリヘスと比べて、500ペソ(約2,200円※2020年3月24日時点)とかなり安く、写真で見る限り色のコンビネーションが非常にいい感じで、この骸骨にトカゲが乗っているという奇抜なデザインも気に入り、届くのを楽しみに待っていたのですが、実際に届いたものを見て私は絶句しました。。。

あれ、、、何かがおかしい。。。色が違うし、、、なんだか安っぽい、、、見れば見るほど伝わってくるなんとも言えない小学生の図工感。。。

歯の形が歪で根元から取れかかっているし、全体にニスを塗りたくってごまかしているこの素人感。。。

よく見ると、舌の裏部分に海苔みたいのが付いている。。見れば見るほど作りが荒いし雑。。。

そして、商品ページのように骸骨の上にうまく立たせようと奮闘しましたが、10回中1回奇跡的にうまくいく程度の低クオリティ。

完全にやられました。。。写真の雰囲気と価格の安さに騙されて購入を即決した私にも非がありますが、完全にハメられました。。。

私のような被害者をこれ以上増やさないためにも、オンラインでのアレブリヘス購入時に注意すべき点を3つほどご紹介したいと思います。
非常に基本的なことですが、この3つを念頭に置いておけば、私の二の舞になることは避けられるはずです。

1.最低1万円程度するものを購入

3〜5千円程度のものは、木ではなく、粗悪なプラスチックで作れらている可能性が高いです。どっしりとしたアレブリヘス特有の高級感は全くなく、工作感がかなり出ていて、学生が図工の時間に作ったぐらいのクオリティです。
もし、本物のアレブリヘスを求めているのでしたら、ケチらず1万円程度するものの購入をオススメします。

2.指先・足先・口先などの細い部分をしっかり観察

やはり、細い部分、特に指先や足先に質の違いが現れます。プラスチックのものは指と指がくっついていたり、荒く仕上げられているため、ところどころデコボコしています。
反対に高級なものは繊細な指先までしっかりと丁寧に作り上げられており、長い年月をかけて学んだ熟練の技を見て取ることができます。

3.異様な光沢感や粗雑な筆使いに注意

小さい斑点が施されていたり、細い線を交差させていたりするデザインが多いため、その部分を見れば、安物かどうかが一目瞭然です。安物は、丸や四角や三角が歪んでおり、サイズも不揃いで、色もしっかりと付けられておらず、背景の色が透けて見えたりしています。
また、ニスを必要以上に塗ることにより、低クオリティをごまかしている場合が多く、注意が必要です。
模様がしっかりとした筆使いで描かれているかと、必要以上にテカっていないかをしっかりと見定めてください。

今現在、残念ながら質の低い図画工作感満載のアレブリヘスがオンラインに溢れかえっています。
もしどうしてもオンラインでアレブリヘスを購入しなければいけない場合は、以上の3つの点を考慮した上でご購入ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。