「リメンバー・ミー」よりも面白いメキシコの死者の日の映画

「リメンバー・ミー」が好きな人には絶対見て欲しい映画「ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~」。「リメンバー・ミー」と同じく死者の日を題材にした映画で、「リメンバー・ミー」公開以前の2015年に先んじて公開され、ゴールデン・グローブ賞とアニー賞にノミネートされています。プロデューサーは、「シェイプ・オブ・ウォーター」でアカデミー作品賞と監督賞を受賞したメキシコ人監督ギジェルモ・デル・トロが努めていますので、クオリティはバッチリです。

ストーリーは、「現在」と「過去」の2つの軸で展開していきます。ある本を通じて、過去の死者の日に、メキシコ(※なぜか映画では、メキシコが宇宙の中心とされている)のとある街「サン・アンヘル」で実際に起こった出来事が語られていくといった流れで進んでいきます。

【まだ映画をご覧になっていない方へ】
重要なネタバレはありませんので、ご安心ください。

まず、ストーリーは、「現在」からスタート。
学校の問題児たちが、学校の課外授業で博物館を訪れ、その博物館の女性スタッフが、普段は立入禁止となっているメキシコゾーンに彼らを案内していきます。

そこには、メキシコにちなんだ様々なものが展示されており、最初はあまり乗り気ではなかった彼らもだんだんと魅了されていきます。
館内の一番奥に保管されていた「命の書」という世界のあらゆる出来事が記録されているという不思議な本を通じて、女性スタッフが彼らに死者の日に「サン・アンヘル」で実際に起こった物語を語り始めます。

「サン・アンヘル」の地下には、愛する人たちの心の中で生き続ける人々が楽しく暮らす世界「思い出の国」と、忘れ去られてしまった人々が行き着く世界「忘れ人の国」が存在していました。
その2つの国を収めている支配者として「ラ・ムエルテ」と「シバ・ルバ」が存在し、「ラ・ムエルテ」が「思い出の国」を、「シバ・ルバ」が「忘れ人の国」を統治していました。

ある死者の日、「忘れ人の国」に嫌気がさした「シバ・ルバ」は「ラ・ムエルテ」のもとを訪れ、勝者が「思い出の国」を統治するという賭けを申し入れます。
賭けのターゲットには、「サン・アンヘル」で暮らす「マリア」と、その男友達「マノロ」と「ホアキン」が選ばれ、「マノロ」と「ホアキン」のどちらが将来「マリア」と結婚するかを賭けるというもので、「ラ・ムエルテ」が「マノロ」を、「シバ・ルバ」が「ホアキン」を選びました。

おてんばな「マリア」はある事件をきっかけに、立派な女性となるため父親(街の市長)によってスペインの修道院へ送られてしまいます。これを機に3人は離れ離れとなり、いつか来る再開の日まで各自別々の人生を歩んでいきます。

3人の再開の日から物語は劇的に変動していき、序盤では全く感じることがなかった死者の日感もどんどんと強くなっていきます。

強さを求めた「ホアキン」、優しい心を持ち続けた「マノロ」、果たして「マリア」との結婚は実現するのか。「思い出の国」を統治するのは誰なのか。

「リメンバー・ミー」と同じく、家族や先祖との絆の大切さを改めて感じることができる非常に素晴らしい映画です。絵も非常にユニークで子供ウケも非常にいいと思います。映画のキャラクターだけではなく、背景や映るもの全てからメキシコ感を感じることができるので、メキシコ好きが見ても非常に胸が熱くなるような映画となっています。
「リメンバー・ミー」の家族愛に、自分の弱さと大事な人を守るために立ち向かう勇気、そして友情をプラスしたような作品となっています。

「リメンバー・ミー」が好きな方、メキシコに興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。