【メキシコ州の治安】白昼堂々行われたコンビ内での犯罪

メキシコ市民の足であるマイクロバス(通称:コンビ)内で行われた、大胆な犯行を映像でご紹介します。

普通の乗客として、車内に乗り込んだ男性。乗り込むや否や銃を突きつけ、車内にいた男性1人、女性2人に金銭を要求。男性の慌てようからかなり逼迫した状態である事がうかがえます。

自分のカバンが奪われようとしている時に、何かを叫びながら手前左の女性が必死に抵抗している。
「中にテストが入っているの!」「お願いだからテストだけは返して!」
実は、このカバンの中には、お金には変える事ができない大事なテストが入っていたのです。泣きじゃくる女性の姿を見て、状況を察した犯人は、なんとそのカバンを返して立ち去りました。
「ほら、もう返すから泣くんじゃねぇよ」

優しいのか、優しくないのかわからないような犯人ですが、このように完全に普通の乗客に扮して乗車されてしまうと、犯罪を未然に防ぐのは非常に難しいです。車内は密室のため、抵抗しても非常に危険ですし、運転手も下手に関わってしまうと、営業に支障をきたしますし、自分も金銭を要求されたり、車を奪われたりする危険性もあります。

今回犯罪が起きたのは、メキシコシティの北部に位置するメキシコ州のエカテペックという街です。

最後までお読みいただきありがとうございます。