カスケード原宿のメキシコ料理「ラス・ドス・カラス」

カスケード原宿のメキシコ料理「ラス・ドス・カラス」

スペイン語が飛び交う店内で味わう絶品メキシカン

ここはメキシコか?いや、メキシコはこんなにお洒落じゃないw

株式会社HUGEさんのモダンメヒカーノシリーズの1つ「ラス・ドス・カラス」でランチをしてきました。
代官山にある「アシエンダ・デル・シエロ」には何回も足を運んでいますが、姉妹店は今回が初めてです。

やはりこのお店も内装に非常にこだわっていて、今回は2階建ての地下のフロアにだけお邪魔しましたが、入ってすぐお洒落なバーカウンターがあり、木の温もりを感じる椅子やテーブル、そして椅子のクッション部分の青色が差し色となり、どこか洗練された、それでいて高級な感じが漂う美しいデザインとなっています。

店員さんたちは、来店時と退店時にスペイン語(ビエンベニードスやグラシアス)で挨拶をしてくれます。
よーく聞いてみると、ドリンクのファーストオーダー時にも、オーダーを取ったスタッフがベビーダ(飲み物)、ドリンカーのスタッフがシー(はい)と言っていました。

今回の訪問は土曜日のお昼でしたので、ホリデーランチメニューを頼みました。

メニューの内容は時期によって変わるようですが、メインはLDCタコスを注文しました。

まずは、前菜ですが、

5種のメキシコ創作料理と真ん中にサラダをトッピングしたプレートです。

どれも美味しかったのですが、魚のサルサソースがけと、豚の角煮のトルティーヤ包みが特にお気に入りでした。

続いて、メインのLDCタコスです。

コーントルティーヤ、フラワートルティーヤ、テックスメックスの油で揚げたトルティーヤと3種の異なるタイプのトルティーヤに、パストルやシュリンプ、アボガドなどの具材がちょうどこぼれ落ちないいい具合の分量で入っています。特にフラワートルティーヤで包まれた衣で揚げられたエビが非常に美味しかったです。マヨネーズベースのソースによく合っていました。パストルは少しお肉が硬く、正直あんまりでした。反対に、普段あまり好んで食べないテックスメックスのハードタコスは、非常に美味しかったです。テックスメックス料理も侮れないですね。

ちなみに、ドリンクはマテ茶を頼みましたが、お代わり自由でした。最高ですね。

アイスマテ茶

最後に、デザートも出てきます。

チーズケーキ

これで税込1,650円ならまずまずかなと思います。スタッフさんの対応も素晴らしいし、店内もお洒落ですし、ローカルのメキシコ料理をストイックに食べたい人というよりは、メキシコ料理をお洒落に食べたい人向けかもしれません。デートにも使えそうです。

次回は、他のメインメニューを味わってみようかなと思います。夜に来店して、バーで飲むのもいいかもしれません。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

Share your thoughts

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください